バレエクラス

2017-04-03
’17 コンクールを終えて

写真 H29-03-28 21 03 57s先日、「全国バレエコンクール in 八王子」に参加してきました。28日はプレコンクール部門。小1〜小6までの参加者100人近くで競います。30日は児童II部門。小4、5の参加者100人近くで競います。昨年も、同じコンクールに出しましたが、昨年より参加者が増えた様に感じます。当スタジオの参加者から3人、入賞入選する事が出来ました。でも大切なのは結果ではありません。

テクニック重視になりがちなコンクールですが、私はとにかく踊りとしての仕上がりに重きを置いて指導して参りました。振りにいかに自分らしさ、想いを乗せて作品に仕上げるか…。小学生の部門だからと言って妥協して見てはくれません。どう踊りたいか、どう見せたいか、足りないところは私のエッセンスを目立たない様に加えあくまでも彼女達の年齢相当の作品に仕上げていく作業を繰り返しました。本番が近くなるにつれ、やはりテクニックに不安を感じ、ちょっと時間があると必死にテクニックの練習をし始めました。そこにハマると苦しくなるのは経験上知っているので(テクニックの練習はもっと前にすべき!)気持ちをそらす為に本番1週間前にレッスンを数回コンテンポラリーダンスの内容に変えました。コンテのレッスンは、カタチにとらわれず自由な表現をテーマにしているので、まず生徒たちの動きを尊重します。同じ振りを与えても色んな表現が出てきてとても興味深かったです。クラシックにはカタチがあるでも正解はない。だから、コンテのレッスンでカタチにとらわれやすいクラシックダンサーを、自由に解放しようという試みでうまく作用した子もいました。どう出たかは別として意外とみんなが楽しんでくれたので良かった〜。

あの手この手で彼女達を持ち上げて来ましたが、見えて来た事がありました。まだ10歳位の子供達は肉体的にも精神的にも未完成な訳で、面白いなぁと思ったのは、ご両親との関係性でその子の特質があるのだなぁと言う事。例えば、躾に厳しくこうしなさい!をたくさん言われてる子は、正解を探しがち。これで良い?とビクビクします。例えば、お母様が明るく、日々笑って楽しく過ごせてる子は、問題に向き合わず誤魔化してしまう傾向がある。ひとりっ子でのびのび育てられてる子は、何に関してものびのびしてしまい友達との上下関係を作るのが下手。自立を促されて育ってる子は、ある意味自分をしっかり持っていて自己が確立しているのですがなかなか人の注意が入らない。お母様が教師との距離間を遠く取る場合、子供も同じ傾向があります。親のスポ根で育てられてると子供も負けず嫌いの心を持ってたり、親の子への理想が強い場合その子の意志が見えにくかったり、まあ長所は短所的な面がたくさんあるということです。それがいけないと言いたいのではなく、そう言った違う傾向のある子達、つまり足りないものが違う子達にどの様に、足りないものを気付かせ補わせるかが、実は課題でした。その為の秘策がコンテのレッスンでもありました。

その特質は不思議なモノで後天的に変わっては行く可能性を秘めてます。将来、絶対やり抜きたい負けたくないと言う壁にぶつかった時、その特質を変えないと勝てなくなってくるからです。コンクールもその壁の1つ。その特質ある時は生かし、ある時は打破して乗り越えられるようになるまでにはまだ時間が掛かりそうでしたが、そうやって成長していく彼女達を見れるのは楽しみでもあります。

コンクールに出ると、将来バレエダンサーになりたいと思ってる子達もたくさん出てます。だから、将来バレエをどうやって続けたいのか考え答えを出そうとする子が出てきます。まだ10歳位でその答えを出さなくても良い。心を強くするために、とにかく夢中に頑張ってみてください。

 

 

2017-01-24
’17 ジョイントコンサートを終えて

写真 H29-01-08 4 23 20先日 1/7、スタジオクロアの生徒達33人と私を含め教師4人でジョイントコンサートに参加致しました。新年明けてすぐの本番日にも拘らずたくさんの生徒に参加して頂きありがとうございました。年末は30日まで、新年は3日よりリハーサルに励み迎えた本番当日。1人も欠ける事なく参加出来た事にまず安堵し、後はみんなの力を信じ見守ってました。

3日のリハーサルを終えた段階で、4、5、6と毎日皆と過ごし、ただ伝えた事は「自分はどうやってこの踊りを踊りたい?1分40秒、または2分しかない本番、ブスッとした怖い顔で踊り終えて、皆はそれでいいの?」と問いかけました。「先生の為に踊って欲しい訳ではない。踊った結果が上手く出来てるか出来てないか先生の顔色を伺うのは辞めなさい。皆が踊りたいイメージを自分の踊りで出し切ってみなさい。」と。。。 分からないと泣く子も居ました。それでも、自分を表現する事から逃げて欲しくなかったので、向き合いました。皆に自信を持って欲しかったから、ひたすら問いかけました。その答えが本番の皆の笑顔で証明されましたね。もちろん、まだまだの子もいましたが、ちゃんと乗り越えようとする思いが見えました。生徒一人一人の無限の力を感じられた最高の一日でした。

お手伝い下さったご父兄の皆さま、先生方、本当にありがとうございました。これからの皆の成長を楽しみにしております。

 

【重要】生徒へお願い

さて、生徒の皆様にお伝えしたいことがあります。伊藤大地先生、冨士原凜乃先生はプロのダンサーとして海外での仕事を希望しており相談を受けてました。昨年の秋からステファノ先生がスタジオに来て下さり、現在のヨーロッパのバレエ団状況等を聞き情報を集め、私自身の経験を生かしお手伝いをするという話しに至りました。 ヨーロッパのバレエ団のオーディションシーズンが1月から2月にかけて多く開催される為、生徒の皆様にはご迷惑をお掛けしますがスタジオをお休みにさせて頂き、2月1日から3週間位3人でヨーロッパを回る事になりました。どこでオーディションを受けれるか(オープンオーディションの書類選考が通るか、或はプライベートオーディションのアポが取れるかなど行ってからの手配になる為)向かう都市や帰国予定日を立てずに向かいます。見込みのお話は出来るのですが向こうからレッスン開始日のご連絡等をさせて頂くと思いますので、連絡網を作らせて下さい。

『2月1日〜 3週間程度お休みの予定』

● 通常レッスンは木曜ステファノ先生、水曜土曜まい先生にお願いしてあります。
● 幼稚園クラスは、まい先生がやって下さいます。2月24日以外お休みはありません。
● コンクールに出る生徒は、自習日を設ける様に致します。
● お月謝に関しては、来た回数に応じて割引し後日請求致します。
● ステファノ先生の3ヶ月講習は通常通り行われます。
● スケジュールはこちらをご参照下さい。

皆様にはご迷惑をお掛けします。「バレエを頑張っていると世界への扉を開く事も出来る!」という先の世界を生徒達にも知って欲しいと思い今回の決断に至りました。またこの経験が今後の指導育成に役立つ様生かして行きたいと思っております。どうかご理解頂きたくお願い申し上げます。(Studio Croix 鈴木)

 

2016-12-26
ステファノ先生の「3ヶ月ダンス講習」(’17 2月〜)

title
2月からはじまる入会金の掛からない3ヶ月のダンス講習です。各講座4名以上の参加者が集まり次第開講となります。ステファノ先生のプロフィールはこちら

受講料
【固定クラス】
参加費:¥24,000 (3ヶ月間 12クラス受講可)

【固定ハーフクラス】
参加費:¥12,000 (3ヶ月間 6クラス受講可)

【チケット】
チケット11回:¥25,000 (有効期限3ヶ月)
※「チケット可」のクラスから受講クラスをお選び頂けます。どのクラスを受講するか3ヶ月分前もってお知らせして頂く必要があります。参加日程表を提出下さい。振替は可能です。

【ビジター】
1レッスン:¥2,500
※固定またはチケットで既にレッスンに通ってる方のみ、ビジター料金で追加クラスを受講出来ます。

体験レッスン
1/23 (月) 体験代1000円で各クラスを体験して頂けます。

 

お申し込みは、1月24日締切です。

お申し込み

 

【月曜日クラス】

子供バレエ – 上級 (固定クラス)


kids

バレエ経験5年以上の子供の上級クラスです。 (ポワントは履けなくても大丈夫です。)

開講日: 月曜 17:45-18:45
12回 (2/6, 13, 20, 27, 3/6, 13, 20, 27, 4/3, 10, 17, 24)

 

体験日:  ’17 1/23 (月) 17:45-18:45 ▶ 体験申込

 

ランダムクラス – 初級 (固定クラス・チケット可)


contemporary

内容が毎週変わる色々味わえる楽しい講座です。大人も子供(ダンス歴5年以上の小学3年生位から)も参加出来ます。

1週目キャラクターダンス、2週目ボディコンディショニング、3週目ジャズダンス、4週目コンテンポラリーダンス

開講日: 月曜 19:00-20:00
12回、各内容3回ずつ (2/6, 13, 20, 27, 3/6, 13, 20, 27, 4/3, 10, 17, 24)
体験日: ’17 1/23 (月) 19:00-20:00 ▶ 体験申込

 

大人バレエ – 初級 (固定クラス・チケット可)


adultballet

成人の初級バレエクラスです。バレエ未経験でも構いません。

開講日: 月曜 20:15-21:15
12回 (2/6, 13, 20, 27, 3/6, 13, 20, 27, 4/3, 10, 17, 24)
体験日: ’16 1/23 (月) 20:15-21:15 ▶ 体験申込

 

 

 

【日曜日クラス】

バレエ – 中級 (固定ハーフクラス・チケット可)


中級バレエクラスです。バレエ経験がある方対象です。大人も子供(ダンス歴5年以上の小学3年生位から)も参加出来ます。

開講日: 日曜(隔週) 10:30-11:30
6回 (2/12, 19, 3/12, 4/2, 16, 30)

体験日: なし (’17 2/12からスタート)

 

 

パートナリング – 初級 (固定ハーフクラス・チケット可)


partnering

パートナリングの初級クラスです。バレエ経験がある方対象です。大人も子供(ダンス歴5年以上の小学3年生位から)も参加出来ます。

開講日: 日曜(隔週)11:45-12:45
6回 (2/12, 19, 3/12, 4/2, 16, 30)

体験日: なし (’17 2/12からスタート)

 

 

※パートナリングクラスを受講生は、その前にあるバレエクラス受講が必須になります。

 

 

 

2016-08-30
’16 夏期講習報告

夏休みももう終わりですが、みなさん楽しい夏休みを過ごせました?毎年夏期講習を楽しみにしてくれてる生徒も増えて来て、今年も3日間、充実した夏期講習を開く事が出来ました。有り難うございました。

朝2時間バレエ、その後1時間半コンテンポラリー、お弁当休憩があってお楽しみのアクティビティ。レパートリー1時間半。上級生達はその後1時間アダージオクラス。ほぼ1日拘束で毎年みんなの体力持つかな~と少々心配するのですが、今年も終わるまでものすごい元気いっぱいでした。

クラシックバレエのクラスでは、バーレッスンの内容も去年より増やし学年が下の子達には難しいかなとも思いましたが、手子摺ったのは一日目だけでした。

コンテンポラリーダンスのクラスでは、学年に差がある子供達を先生が見事にまとめて下さいました。今回も、先生が皆のアイデアから振付をおこし2日目には素敵な作品が出来上がりました。毎年、先生が作品を作り上げるにあたってペアーやチームでアイデアを出し合って競争したり、助け合ったりする時間をたくさん設けて下さるので、子供達には自然とチームワークが芽生えます。それが、最終日の発表で生かされたなぁと感じました!あいち先生、ありがとうございました。

今回、新しい試みで2日間アクティビティを入れました。1日目が、「チーム対抗ゴムだん大会」。年齢別でくじ引きをし4チームで闘いました。引き続き同じチームで次の日の「スイカ割り大会」で闘います。優勝したチームは、スイカ割りの前に回る回数が半分になるハンディを獲得出来ます。という訳で、皆本気で闘いました。スイカ割りに至っては、こんな大人数でスイカ割りをした事がなかったので、こんなに盛り上がる(うるさい)とは予想してませんでした。興奮絶頂。楽しかったですね♪♪♪スイカはみんなで美味しいスイカジュースにしました。とにかく楽しくて美味しくて幸せな時間でした☆

レパートリークラスでは、白鳥のワルツの練習をしました。並ぶ事の難しさ、並んで止まってる事の難しさをいっぱい勉強出来ましたね。下の学年の子達もよく頑張って付いてきましたね。2日目には、イメージを伝えたかったので白鳥の湖のDVD鑑賞をしました。見終わると「さっきより上手に出来るかもしれないから練習したい!」と皆から要望が出ました。少しバレエを理解してくれたんだなぁと嬉しい反応でした。

アダージオクラスは、夏期講習が始まる1ヶ月以上前から大地先生と練習を開始しました。最初は、サポートをしてもらってもアラベスク(後ろに足をあげる体勢)で立っていることもままならない状態でした。また、アダージオクラスはアラベスクばっかり。レッスンの途中でみんな背中をまるめて背中が痛いと嘆いていましたね。ただ、この練習が皆の上達に繋がったと確信してます。ちゃんとポワントに立ってないと男性にサポートしてもらっても上手くポーズが見せられない。踏ん張る、保つ、押し続けるなど、崩れない筋肉をつける事でテクニックは格段に上達します。大地先生、ありがとうございました。

そして迎えた最終日「学習発表」。実は、私的には舞台でやる発表会よりこの学習発表はもっと生徒達の顔が見れて、良いなぁと思ってるのです。舞台に出るのも勉強として大切ですが、普段のレッスンを見られる方が、日々のレッスンに直結していてご父兄の皆さまにも直に日頃の顔を見せれるし、より人間味があるように感じます。生徒達のぴりりと引き締まった顔つきを見るのも私は大好きなのです。この観られる緊張感がこんなにも子供達を成長させるのだなぁと今年も感心しながら見てました。本当に何度も言いますがほんの20分前のリハーサルで出来ていなかった事が、本番には出来るようになるんですから。「学習発表」統率の取れた素晴らしい発表になりましたね。

今年とても感心したのは、電車での移動もお母様達抜きだったので、私が口を酸っぱくして下のこの面倒は上の子が見なさいねっと言った事を最終日までにきちんと出来る様になった事。小さい子が切符をなくさない様に次の駅までお姉さんが持ってるとか、同じ車両に乗ると他のお客さんに迷惑掛かるから3、4グループに分かれて各グループのリーダーがきちんと面倒を見るとか、はぐれそうな子はきちんと手を繋いであげるとか。最終日、そんな光景を見ながら、なんだか大家族みたいだなぁ、なんて思ってました。ともに学び、ともにご飯を食べ、ともに物を作り、同じ物を志し、皆の笑顔がいーーーーーぱいの素敵な3日間になった事を心より感謝します。ありがとうございました。お写真何枚か載せておきますが、たくさん取って頂いた物を本にまとめました。B5サイズ22ページ写真160枚で¥1,200。スタジオにサンプルを置いておきますので注文したい方は、9月末までにご注文下さい。(鈴木)

 

 

2016-08-23
ステファノ先生「3ヶ月ダンス講座」(’16 10月〜)

title
10月からはじまる入会金の掛からない3ヶ月のダンス講習です。各講座4名以上の参加者が集まり次第開講となります。ステファノ先生のプロフィールはこちら

参加費:¥24,000 (3ヶ月間 12クラス受講可。 パートナリングクラスは、6クラス受講可。)
複数コース受講者には特典あり。

体験日:10/3 (月) 体験代1000円で各クラスを体験して頂けます。

特典:
※1 体験受講後、「3ヶ月ダンス講習」にお申し込み頂いた方にはマルチチケット1枚差し上げます。
※2 2コース以上お申し込みの方には、マルチチケットを2枚差し上げます。
※3 マルチチケット1枚でステファノ先生の「ジャイロキネシス」を受講する事が出来ます。

 

お申し込みは、10月5日締切です。

 

【コース】

ボーイズクラス(初級)


boys小学生以上のバレエ未経験の男の子対象の初級バレエクラスです。

開講日: 月曜 16:00-17:00
(10/10, 17, 24, 31, 11/7, 14, 21, 28, 12/5, 12, 19, 26)
体験日:  ’16 10/3 (月) 16:00-17:00 ▶ 体験申込

 

 

 

コンテンポラリー(初級)


contemporary小学校中学年から成人まで対象のクラスです。ジャ ンル問わずダンス経験者は受講可能です。

開講日: 月曜 17:15-18:15
(10/10, 17, 24, 31, 11/7, 14, 21, 28, 12/5, 12, 19, 26)
体験日: ’16 10/3 (月) 17:15-18:15 ▶ 体験申込

 

 

 

子供バレエ(上級)


kidsバレエ経験5年以上の子供の上級クラスです。 (ポワントは履けなくても大丈夫です。)

開講日: 月曜 18:30-19:45
(10/10, 17, 24, 31, 11/7, 14, 21, 28, 12/5, 12, 19, 26)
体験日: ’16 10/3 (月) 18:30-19:45 ▶ 体験申込

 

 

 

成人バレエ(初級)


adultballet成人の初級バレエクラスです。バレエ未経験でも 構いません。

開講日: 月曜 20:00-21:15
(10/10, 17, 24, 31, 11/7, 14, 21, 28, 12/5, 12, 19, 26)
体験日: ’16 10/3 (月) 20:00-21:15 ▶ 体験申込

 

 

 

パートナリングクラス(初級)


partnering成人バレリーナさんの為のパートナリングクラスです。 トウシューズが履いて踊れるレベルの方対象です。

開講日: 水曜 11:00-12:00 (隔週)
(10/12, 26, 11/9, 23, 12/7, 21)
体験日: なし (’16 10/12からスタート)

 

 

 

※パートナリングクラスを受講生は、その前にある成人バレエのクラス受講が必須になります。

 

2016-07-17
自己診断表

00280717-085800.jpg先日からお配りしている自己診断表が少しずつ回収され、赤ペン先生の様に赤字で直しを入れ返却してます。

これがなかなか興味深い。まず1つは、似顔絵を書く欄を作ったのですが、とても個性が表れていて意外な一面を垣間見ることが出来ました。へぇーこんな絵の才能があるんだとか、こんな大胆な絵を書くなんて想像しなかったとか…。字も描く絵もその人を表すのだなぁと思いました。

そして、自己診断の欄を見ると普段から自分を客観視出来てる子、また私が普段から指摘している事をきちんと受け止めている子は、自己診断と私の評価にズレが少なく、またそういう子は「目標」「その為にすべき事」も明確でした。目標の内容が何の為なのか分からない子もいました。また「その為にすべき事」が目標と繋がってないケースもありました。

そこで大切なのは、普段のレッスンで何を求められ何が足りてないか判断する能力。その考える力には、大きな差があるんだという事に気付かされてました。もともとバレエが好きで理想像がはっきり分かってる子は、もちろん自分に厳しく理想へと着々と努力をしていきます。でも、そうでない子もたくさんいるので、何をこちらが要求しているのか、そこを目標、課題にしてほしいという事を明確にしてあげる必要があるのだと思いました。

例えば、「シャンジュマン」どうなってると美しく綺麗なのかを説明します。
①飛ぶ前、飛んだ後綺麗な5番を通れているのか?
②飛んでいる時の態勢、つま先はのびてるか?

その後、何の練習をすると改善されるかを説明します。

→①お尻が出ないようにすると5番が綺麗になる。→お尻を出さないプリエの練習が必要

→②ちゃんとしたプリエから飛び立ち、膝もつま先も伸びるまで飛び上がる。→プリエの練習が必要。タンジュでしっかりつま先を伸ばす練習が必要。飛べるだけの足の筋力を鍛えるカフライズなどのエクササイズが必要

など…。こんな感じに「目標」に対して「やるべき事」の例をレッスン中にあげてあげるように心掛けるようにしました。考えて動くことが「改善していく楽しさ」に繋がれば、考える力も必然的についていくと思ってます。次回、この用紙を書いてもらう時までに変化してる事を願いつつ、頑張ってレッスンに励みましょう。

 

2016-06-19
毎年恒例の…。

写真 H28-06-19 13 59 05新しいクラス編成になり、半月が経とうとしてます。新1年生が入ってくる初級クラスでは毎年恒例のテストが始まります。

バーレッスンのプリエ、タンジュとジュッテ、センターのポールドブラ。の3つを1人ずつテストしていきます。まず、最初に躓くのがプリエ。ゆっくりの曲をカウントする事が、だいたいの子供は苦手。尚且つ1人でバーに立たされ順番を間違えなくやり、注意された事を覚えきちんとできてるかをテストされるわけですから、緊張と混乱と色んなものが彼女達に襲いかかるわけです。

出来ないと泣き喚く小さなバレリーナ達に、先輩たちが「大丈夫頑張って」と励ます姿はとても微笑ましい。私も心を鬼にして「出来るまではやってもらいますからね」と彼女達を追い込んでいきます。お互いここが辛抱どころ。これを乗り越えると楽しさがやってくるんだから!絶対に。

次第にテストに合格していく友達に置いてかれまいと、真剣な顔になって行く生徒達。もちろん、すぐに出来るようになる生徒がいれば、時間がかかる生徒もいます。合格し出来たと安堵の顔を見せる生徒達。ここで、ちゃんと言い聞かせる事も大切。「あなたは、他の子より時間がかかる。だから、みんなの何倍も練習をしなさいよ!そうすれば必ず出来るようになるのだから諦めないのよ。ちゃんと出来るのよ。」と。そうやって、1つ課題を乗り越えた生徒達の目は、別人の様に変わってきます。もっと教えてもっと出来るよねと楽しさがわかり、教室に何度も通うようになるのです。その気持ちをかうために、通い放題制度を作ったのですが、こんなに反応があるとなんだか嬉しいものです。

来週から「タンジュとジュッテ」のテストが始まります。どんどん課題を乗り越え強く賢くなるんだよ〜。

Tags:,
Posted in バレエクラス, ブログ | Comments Closed

 

2016-06-15
’16 夏期講習 (’16 8/17, 18, 19)


3日間バレエ漬け
夏期講習 (’16 8/17, 18, 19)


今年も三日間、夏休みに夏期講習を致します。今回も最終日には、ご父兄の皆様に普段のレッスンの成果を見て頂ける様、学習発表を設けました。

今回は、バレエとレパートリー、コンテンポラリーダンス、アダージオクラスの4講座です。

バレエクラス ……… 小学生以上の生徒は受講出来ます。レベル分けせず合同で行われます。レベルが上の子も下の子も刺激し合える良い機会です。

レパートリークラス ……… 「白鳥の湖」第2幕の白鳥達のワルツを練習して行きます。小学生以上の生徒は参加可能ですが、レベルが達してない生徒は、許可出来ない場合もあります。

コンテンポラリークラス ……… 小学生以上の生徒、子供から成人まで受けられるクラスです。去年生徒から大人気だったあいち先生(宮河愛一郎先生)にお願いしております。一般参加可能の講座です。お申し込みはこちら

アダージオクラス ……… トウシューズでしっかり立てる生徒でお声掛けした生徒のみ参加可能。男性と組んで踊る踊り方を学んでいきます。伊藤大地先生が担当して下さいます。

幼稚園生クラス ……… 「くるみ割り人形」のトレパックの踊りを練習して行きます。最終日の学習発表会で発表します。最終日はお姉さんたちのレッスンを間近で見られる良い機会です。幼稚園生は暫く舞台参加の予定がないので、なるべくご参加下さい。

尚、小学生以上の生徒で成長が著しく努力を認められた生徒には学習発表会でヴァリエーションを発表するチャンスが与えられます。コンクール受賞者は、ヴァリエーション発表を予定してます。昨年の夏期講習の様子は、こちら

✤ 開催日:8月17日 (水), 18日 (木), 19日 (金)

✤ スケジュール

【幼稚園生】

日にち 科目 時間 場所
17日
水曜日
  バレエ 10:30-11:30 スタジオクロア
18日
木曜日
  バレエ 10:30-11:30 スタジオクロア
19日
金曜日
  リハーサル(幼稚園) 10:30-11:00 都立大学ノアスタジオ(4st) 
  学習発表会 11:15-13:00 都立大学ノアスタジオ(4st) 

 

【小学生以上】

日にち 科目 時間 場所
17日
水曜日
  バレエ 9:00-11:00 都立大学ノアスタジオ(4st) 
  コンテンポラリー 11:15-12:45 都立大学ノアスタジオ(4st) 
  レパートリー 15:00-16:30 スタジオクロア
  アダージオ 17:00-18:00 スタジオクロア
18日
木曜日
  バレエ 9:00-11:00 都立大学ノアスタジオ(4st) 
  コンテンポラリー 11:15-12:45 都立大学ノアスタジオ(4st) 
  レパートリー 15:00-16:30 スタジオクロア
  アダージオ 17:00-18:00 スタジオクロア
19日
金曜日
  ウォームアップクラス 9:00-10:00 都立大学ノアスタジオ(4st) 
  リハーサル 10:00-10:30 都立大学ノアスタジオ(4st) 
  リハーサル(幼稚園) 10:30-11:00 都立大学ノアスタジオ(4st) 
  学習発表会 11:15-13:00 都立大学ノアスタジオ(4st) 

 

✤ 参加費

小学生以上 クラシックバレエ + レパートリー ¥10,000 / 3日間
コンテンポラリーダンス +¥4,000 / 2日間
幼稚園生 クラシックバレエ ¥6,000 / 3日間

 

✤ 特別講師紹介

11348895_10205588288760017_1028121962_n11303693_10205588288800018_1108526231_n

宮河 愛一郎  コンテンポラリーダンス講師

関東国際高等学校演劇科卒業後、単身渡米ニューヨークAileySchoolに留学。GAPのTVコマーシャル出演など様々な舞台でキャリアを積む。2003年劇団四季のアイーダのオリジナルキャストとして年間320ステージに出演。2005年コンテンポラリーダンスカンパニーNoismに入団、ダンサー兼バレエマスター、ワークショップ担当を任され国内ツアーほか、海外7カ国、10都市での公演すべての作品に出演。2013年8年間在籍してきたNoismを退団後はダンサー、振付家、指導者、俳優として活躍中。
aiichiro-miyagawa.com

 

2016-04-26
’16 ヴァリエーションクラス第2期 (5/15, 6/5, 12…)

Jack-Devant-Ocean-and-Pearls-101

ヴァリエーションクラスは、3期制です。2016年2期(5〜8月)を募集してます。小学2年生(バレエのテクニックがある程度理解出来ている)からご参加頂けます。お申込はこちら

今回の課題曲は「海と真珠」より女性ヴァリエーション。

ヴァリエーションを踊れるようになると、とたんにバレエが楽しくなるという子供達がたくさんいます。もちろん普段の基礎練習も大切だけど、その大切さも踊りの練習をし始めて分かるようになります。いつかはコンクールを!と思っている子供達も、成人クラスの生徒も、辞めちゃったけど踊ってみようかな〜?と思ってる人も、憧れのヴァリエーションを一緒に踊ってみませんか?

● 開催日:月に1〜2回(日曜午前中)

● 時間: 5/15, 6/5, 12, 26, 7/10, 24, 31, 8/7 (日) 10:30-12:00

● 場所:スタジオクロア

● 参加費:マルチチケット1枚、またはビジター料金2500円

● 対象:小学2年以上(成人クラスの生徒も受講可)

コンクール参加希望者は、このクラスを受講しヴァリエーションを覚えて行きましょう。
ご予約はこちら

 

2015-08-27
’15 夏期講習報告

8月21日より3日間、夏期講習が開かれました。朝2時間バレエ、午後1時間半ヴァリエーション、2時間コンテンポラリーと計5時間半。みんなの体力持つかな〜という私の心配など微塵も感じないくらい凄く元気いっぱいでした。コンテンポラリーを担当下さった宮河先生が「いつも全国ワークショップで回ってますが、ここの生徒が一番元気でした!」とびっくりされてました。最終日1時間半かけて学習発表をご父兄の皆様に見て頂きましたが、皆のがんばりでちょっとしたスタジオパフォーマンスになるくらい見応えのある物に仕上がりましたね。生徒達が普段よりぴりっと引き締まった顔つきでレッスンをしていたのがとても印象的でした。たまに観られる緊張感は必要ですね。そして、普段の違うクラスの生徒達が一緒にレッスンをするのも皆にとって良い刺激になるなと感じました。ご父兄の皆様にクラスが上がっていくとどのように展開していくのか分かる様な内容にと心掛けて構成していきましたがいかがでしたでしょうか?

クラシックバレエでは、8つの方向が明確に定められています。そのラインに体の各部位がきちんと納められることではじめてバレエのクリアで美しいラインが生まれます。逆に言えば、その方向が曖昧だと雑多で無駄の多い印象になってしまいます。小学生以上の普段のレッスンでは、まずこの8つの方向をきちんと体に叩き込むレッスンを心掛けてます。また日本人が不得意とされているワルツステップは、幼稚園の頃から覚えさせていきます。同じワルツステップでも足の運びが変わったり手や動きを付けて行ったりと学年が上がるにつれ進化して行く様を表しました。

それとは、対照的にコンテンポラリーダンスでは自由な発想で踊りが作られてます。今回、先生は一人一人に夏休みにした事を聞き振りを付けて行きました。法事から始まりプールで泳いだ事、キャンプ、水族館に行った事、宿題に追われた事や海水浴、潮干狩りなどなど皆の楽しい夏休みの思い出を元に踊りが出来上がりました。先生が作り上げるにあたってチームでアイデアを出し合って競争したり、チーム内でダメなところ良いところをお互い注意し合ったりする時間をたくさん設けて下さいました。いいものを作り出す為にはチームワークが凄く大切!それを終わる頃には皆自然と出来る様に成長しました。

ヴァリエーションの発表を見ていて、やはり1人で踊る事は凄い成長させるのだなぁと感じました。スワニルダのヴァリエーションは、4ヶ月間掛けて練習してきました。最初は覚える事すら出来ず「1人で踊るのだからちゃんと覚えなさい!」と何度も注意をし、涙を流す生徒もいました。「歩いて行ってポーズ」これが実は一番難しく、そこばかり繰り返し繰り返し練習した回もありました。その成果がちゃんと出ていたと思いますし、今後踊る作品にも確実に役に立つと思います。毎年受講者の親御さんから「来年も是非お願いします」というありがたい反応を頂き子供達にとってとても意味のある三日間だったのかなぁと思ってます。今回受講出来なかった生徒も私の見ている限りでは受講生は毎回とても楽しそうなので、次回は是非参加をご検討下さい。