イベント・行事, ブログ

’17 夏期講習報告

3日間の夏期講習、今年も無事終わりました〜。

たくさんの生徒にご参加頂き、本当に有り難うございました。最終日の学習発表会の後にも話させて頂きましたが、参加人数が少ないと開催できない内容を夏期講習ではリスクを負って組んでおります。普段、小さなスタジオでレッスンしている生徒達に夏期講習くらいは大きなスタジオでレッスンさせてあげたい!という気持ちもあり、今回はノアスタジオをギリギリのラインでめいいっぱい借りました。

子供達への「教育」を第一にカリキュラムを考えるようにしておりますが、それを実現できる環境に本当に感謝しております。これもひとえに、たくさんの生徒さんが通ってくださっている事、またたくさんのご父兄の皆様が私の考えに賛同しご支援くださっているから叶うものです。これからも、邁進して参りますのでどうぞよろしくお願い致します。

さて、今回も楽しい楽しい夏期講習でしたね☆ コンテンポラリーダンスの講習をあいち先生にお願いして3年目。毎年恒例「みんなの夏休みの思い出から作る作品造り」も、もうお手の物。あいち先生から「みんな、想像力豊かになって積極性も出てきた」とお褒めのお言葉をいただきました。出来上がった作品も去年一昨年から比べてかなりクオリティが高く、本当に感動しました。

バレエ、キャラクターダンス、ヴァリエーションと学習発表会に向けしっかり踊り込んで迎えた最終日の学習発表会。みんなに見て欲しかったです!って思うくらい上手にできました。

バレエの発表は、クラスでやっている内容をグループ毎に見せて行きます。決められたカウントで出て行き、決められた場所に邪魔にならないように捌ける。これは舞台人として絶対に身につけないといけないスキルなので、学習発表では必ずやらせます。

夏期講習2017_170831_0001

キャラクターダンスは、今回はパキータのマズルカを練習しました。20人で一糸乱れず歩き、きちんとフォーメーションをとって踊る。これがテーマなのですが、小学校低学年の子には難しいかなとも思いましたが先輩がうまくリードし、素晴らしい仕上がりでしたね。

幼稚園クラスの生徒の発表は参加者が少なかったので、一人お姉さんの助っ人を足して作品を仕上げました。実は3人揃ったの最後の日だけなんです。それでも、間違えず踊りきった3人に盛大な拍手を送りたいです!!!!素晴らしかった。

そして、今回時間を割いたのがヴァリエーション。限られた時間しか取れない発表会だと、全員にヴァリエーションを踊らせてあげられるチャンスもなく…。なので今回は、参加者全員にヴァリエーションの機会を与えました。ヴァリエーションクラス参加当初、一人で踊ると右と左を見失う子や、一人になると順番が出てこず踊り切れなかった子が、ちゃんと一人で踊れるようになるんだなぁととても感慨深いものがありました。

最後にサプライズで、みんなにあいち先生と作った作品の発表をしてもらいました。私がどうしてコンテンポラリーダンスのクラスを入れているかというと話を、観にきてくださったご父兄の皆様には話しました。バレエには、形がありそこにハメていかないとバレエにはなりません。体の向きも、ステップも全て決まりごとがあり「違う、そうじゃない」と教えているとどうしても否定的な言い方になることも多い。それが私の中での葛藤で「本来踊りは楽しさの延長にあるものだから、単純に体を動かすのって楽しい!を感じられるクラスをたまには知ってほしい。」それがコンテンポラリーダンスのクラスなんです。形にこだわらず、怖がらず、思い切って踊っちゃえ。そうすると踊る事の恐怖心が消え、バレエも心開いて踊れるようになる。何かをマスターする時って、知識やウンチクも大切だけど何より「心」。心を掴んだもの勝ちってところがあるんですよね。興味持たないと誰だって勉強も努力もしません。だから、お母様方もバレエを上手にさせたかったら興味を持たせる様、引っ張って行く事が近道ですよ。(中にはバレエなんかに興味持たれたら困るみたいなご家庭もいらっしゃるので、その場合はこの作戦は違う事にご使用ください。笑)

私は、発表会より何よりこの夏期講習が一番生徒の成長を感じるなぁと毎年思うんです。3日間長い時間、一緒の時を過ごし、共に踊り、共にご飯を食べ、共にスイカ割りでめいいっぱい遊び、共にスイカジュースを作る、この共同作業の多さが社会性を身につけさせ、また仲間意識を芽生えさせていく。いつも思う事は、私が教えてあげられる事は微々たるものなんです。やるべきことを敷いてあげる事で、みんながお互いに高め合い、成長を促している。それによる成長の方がが断然多いんですよね。上下関係、チームワーク、踊りの楽しさ、友情、全て彼女達自身が自分たちで学んでいっている事なんですよ。

毎年思うのですが夏期講習に参加してる子たちは、羨ましくなるほどに本当に楽しそうなんです。年齢差もあるし先輩と一緒で緊張するのかな?長時間のクラスでへこたれるかな?と思うこちらの心配をことごとく裏切ってくれます。みんなのチームワークを以ってすれば、10周年の発表会も楽しく迎えられそうですね。頑張りましょう。たくさんの感動を有り難うございました☆そして、お手伝いくださった先生方、ご父兄の方有り難うございました。

Tags:, , ,
Posted on 2017-08-31 | Posted in イベント・行事, ブログ | Comments Closed